ブログトップ

kanakanaとbolikcoffeeのスタッフ通信

kanabolik.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

☆お知らせ☆

7月3日(火)よりしばらくの間ボリクコーヒーの開店時間が変更になります。

OPEN 13:30
CLOSE 20:00

ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します。
[PR]
by kanabolik | 2012-06-30 13:56 | イベント(ボリクコーヒー)

西淑さんの展示始まります。

イラストレーターの西淑さんの展示「 森へ For the forest 」7月3日(火)〜7月29日(日)開催されます。

かわいいDMが届きました。
a0221201_1325137.jpg

期間中7月16日(月)海の日に安藤明子さんのLIVEもあります。

ライブのご予約はボリクコーヒーまでご連絡ください。

☆お知らせ
7月2日よりしばらくの間ボリクコーヒーの営業時間が変わります。

13:30〜20:00

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。
[PR]
by kanabolik | 2012-06-26 11:02 | イベント(ボリクコーヒー)

どんよりパフェ

今年もついに梅雨入りしましたね。
梅雨と言えばカナカナではどんよりパフェの季節です。
今年は台風と共にやってきました…!

どんよりした空の色をイメージした黒ゴマアイスに豆乳プリン、
雨雲のような綿菓子の下には
わらびもちと五穀ソースが隠れています。

雨の日は気分も下がりがちですが、どんよりパフェでこの梅雨を楽しんでくださいね!
a0221201_1710264.jpg

[PR]
by kanabolik | 2012-06-19 16:19

カナカナのお花 6月③

本日は台風が接近中??
店内はかなり落ち着いてます。
こんな日に来て下さったお客さまに感謝です!
そしていつも、暑い日にも寒い日にも来てくださるお客さまも本当にありがとうございます♡

今回ハナロジさんが生けてくださったお花は、赤色のお花ばかり♪

大きな花器へは、スモークツリー(レッドファー)を。“煙の木”とも言われる木です。
小さな淡緑色の花を穂状にたくさん咲かせ、紫色に変化していきます。初夏になるともふもふとして、紅紫色の綿菓子のような感じになります。

小さな花器と大きなテーブルへは、アスターを。キク科カリステフス属の花で、アスターはギリシア語で星形といいます☆
色は白、ピンク、赤、青、紫などがあり、咲き方も多彩で一重咲き、八重咲き、ポンポン咲き、アネモネ咲きなどあるそうです。
生けてくれたアスターは、赤とピンクのもので、中央が白い色のものです。八重咲きでとっても可愛いですよ!
(タマキ)

スモークツリー(レッドファー)

a0221201_165792.jpg


アスター

a0221201_165995.jpg

[PR]
by kanabolik | 2012-06-19 15:00 | 日常

カナカナのお花 6月②

曇りや雨の日が続きますね。
お昼間は蒸し暑く、朝晩は肌寒い日もまだ多いので、温度差で体調を崩さないようにお気をつけくださいね!

今回ハナロジさんが生けてくれたお花は、個性的でかわったものです。日常あまり見ないようなお花を選んでくれました。

大きな花器へは、チーゼルを。二年草の植物で、すらっと伸びた枝の先にライラック色の花を集めて咲かせ、花が終わったらトゲのある頭花が出てきます。茎にもトゲがいっぱいついた植物です。

小さな花器へは、花パインとパフィオとてまり草をあわせたらものを。
花パインは手のひらサイズの小さなパイナップルで、食べることは出来ません!
パフィオはランの一種で、花弁の一部が袋状になった不思議な花姿をしたものです。色は白や黄やピンク、模様も斑点や縞など種類もたくさんあります。
てまり草はモフモフとした緑の植物です。

大きなテーブルへは、ピンポンマムを。
ピンポン玉のようなまん丸としたキク科のお花です。こちらもらたくさんの種類がありますが、ハナロジさんが生けてくれたのは黄色が鮮やかなものを。コロンとして可愛いですよ!
(タマキ)

チーゼル

a0221201_20535312.jpg



花パイン

a0221201_20535484.jpg



パフィオとてまり草

a0221201_20535695.jpg



ピンポンマム

a0221201_20535627.jpg

[PR]
by kanabolik | 2012-06-08 20:50 | 日常

カナカナのお花 6月①

今日から6月!
まもなく梅雨入りもしますね。
雨のなか傘をさしながら、しっとりとした奈良町へもぜひいらしてくださいね♪

ハナロジさんが今回生けてくれたのは、たくさんのピンクのお花??

大きな花器へは、ディアボロを。赤黒い葉が特徴的な木で、枝にはたくさんのピンクを帯びた小さな白の手毬状に咲く花がとても可愛く綺麗です。

小さな花器へは、マトリカリアとオランダセダムを。
マトリカリアといえば、花の芯が黄色くて花びらが白い小菊ですが、生けてくれたのは“タマゴピンク”という品種のもので、花の真ん中が黄色く外側がピンクのコロコロした感じのお菓子みたいなお花です。
オランダセダムは、白く先がピンク紫になった、ツンとしたたくさんのお花をつけた多肉系の植物です。別名、夏白菊といいます。

大きな花器へは、芍薬を。生けてくれたのは“ルーズベルト”という鮮やかなピンクの花色のもので、オールドローズのように幾重にも重なった花びらがとても豪華な花です。
ちなみに、この包み込むような咲き方を「手鞠咲き」というそうですよ。
(タマキ)

ディアボロ

a0221201_1811012.jpg


マトリカリア(タマゴピンク)とオランダセダム

a0221201_1811175.jpg


芍薬(ルーズベルト)

a0221201_1811328.jpg

[PR]
by kanabolik | 2012-06-01 17:19 | 日常